★お客様の声(エネルギー・attune・テクニック)

 
 =========
  セラピスト:女性
 ========= 
 
ERTを初めて受けましたよ。

わたしはヒプノセラピーをしていています。お客さまがご自分の潜在意識の旅をなさる伴走の立場にいるんです。ヒプノセラピーの特徴としては、お客さま自身が、自分で受け取る、感じる、腑に落ちることが起きるということです。

さて、ERTは、敏感なクライアントさんは施術中その場で何かを感じる、分かる人もいるそうですが、どちらかというとセラピストさんにお任せするものなのかな、という印象。自分のエネルギーを扱って貰うのですから、そこで一番大切なのは信頼でしょうか。この点、あまのともこさんはエネルギーを扱う適任者。安心してお任せ出来ました。

受けた時のわたしは、実生活で大きな変化を迎えていて、決めたスッキリの後のモヤモヤ状態。受ける直前は、気分が優れなく、首、肩、肩甲骨の辺り、特に首筋に痛みがありました。

大きな変化とは、夫との関係が大きく変化して、一緒に新たな暮らしを始めたこと。それから、夫が仕事を辞め、彼も新しい道へ進み始めたこと。

そう。ここでこんな風に書いているけれど、ERT後、夫に起こっている変化とわたしに起こっている変化を、ごっちゃにして、両方を自分のもののように感じていたのだわ!と。う~ん、考えてみると小さい頃からそういう傾向があったのよね。他人との境界があまり無いの。だから、気分が良い時が少ない。みんな日頃どんな気分で暮しているの??と周りの人たちに聞いて回りたいくらい、笑。わたしは親の気分とか、場の雰囲気とか、そりゃもう、スポンジみたいに吸っちゃってたんだわ。いつもではないけれど、何かが身体や頭の中にあって、重苦しく感じることもあったみたい。感情もね、喜怒哀楽という言葉で表せないような、何かがいつも湧いてきて、それが、不安とか恐れと繋がっていったのかもしれないな、、。

これが、施術後、湧いたことです。

そして、実際首回りが楽に。何日か経って、モヤモヤはあるものの、モヤモヤにとらわれることが無くなりました。自分と他人の境界線がはっきりしていったようで、自分以外の人の気持ちや状況を自分のことのように背負い込まなくなってね、。

どうやら、感情の滞りと過去生からのエネルギーの影響を受けていたようです過去生のエネルギーは希望が無くあきらめるしかないようなもの。極端に縮こまっている硬いエネルギー。

ふむふむ。そうだったのね。
納得です。

それにしても、身体は物凄く精妙な器よね。身体を通して色んな信号を出してくれる。わたしのエネルギーの循環は滞りが取れて気持ちよく流れ出したようです。

ERTを受けてから暫くして、アクセスバーズ(まゆちさん)を受けることになったり、また、信頼するサウンドヒーラー(サラマリエールさん)のサウンドヒーリングを受けて、イメージの視覚化が出来るようになったり、と、本来の自分を感じていくことへ加速が始まりました。

感情もね、自分の感情をそのまま感じていくことに抵抗が無くなり、むしろ、感じることそのものが、生きてる醍醐味だものね。流れる。そう。流れる。

わたしがヒプノセラピーをしていく上で自分との信頼を深めていくという一番大切な部分にアクセスすることが出来た素晴らしいセッションでした。ありがとう。